Apple Cardの解禁間近!日本でのリリース日と特徴は?

ライフハック

Appleと共同でカード事業を展開するゴールドマン・サックスの従業員はApple Cardのβテストを開始。そして従業員たちはApple Cardに非常に満足していると同社CEOが明らかにしています。

注目を集めているApple Card、今のところアメリカ国内のみのサービス展開だけ発表となっています。

そんなApple Cardは果たして日本にリリースされるのか?どんな特典があるのか?などをまとめてご紹介したいと思います。

Apple Cardの仕様

Apple Cardで現状で公開されている仕様は下記の通りです。

  • 年会費無料
  • 各種取引手数料無料
  • Apple IDと紐づけ発行で最短1分で契約可
  • デジタルカード発行は即時
  • チタンカードは1~2週間で到着
  • クレジット審査は独自で低め
  • 初期クレジット枠は小さめ(10万円程度)
  • 年利は13.24%~24.24%
  • Appleから購入したすべてのものに対して3%バック
  • Apple Payを使って何かを買うたびに2%バック
  • チタンカード通常利用で1%バック
  • Apple Walletと統合可能

後発の不利を普及しやすさでカバーしようとしているような敷居の低さと、特典でApple製品やサービスとの並行仕様を促進しているように感じます。

MasterCardとの提携が為されているのでVISAマスターが使える場所ならどこでも使えるみたいなのでサービス提供の範囲には心配はいらないと思います。

Apple Cardのセキュリティ

Apple Cardが大きな特徴の1つに、優れたセキュリティ強度があります。

チタンカードには契約者名とApple、ゴールドマンサックス、マスターカードのロゴ、読み取り用磁気テープしか記載されておらず、カード番号や有効期限、暗証コードなどは記載がありません。

万が一チタンカードが盗み取られたとしても、ネット上を含めて使用する事ができず、またApple Walletから不正に使用しようとしても、iPhoneのロック解除や認証解除を行わないと使えない仕様になっています。

カード番号やその他の情報は、カード到着時に同封されたペアリングアイテムによってApple Walletに内蔵できるようになっているので、従来のクレジットカードでは再現できなかったセキュリティー強度を実現しています。

Apple Cardの日本国内リリース日

現状アメリカ国外でのリリースは発表されていないのですが、ゴールドマンサックスのCEOが「Apple Cardは国際展開を必ず実現させる」とインタビューで回答しています。

現段階では日本国内のリリースは未定ですが、チタンカードの生産に時間やコストがかかるので、早くても2020年の下半期から順次世界展開していくのではないかと予想しています。

まとめ

Apple製品とのリンクとセキュリティの強固さに強く惹かれますね。

日本でのiPhoneの普及率とApp Storeの売り上げから考えて、国際展開スタートから国内リリースさほど遅くならないような気がします。