自分のアクセスを除外!Googleアナリティクス登録後に必ず行うべき簡単設定!

ウェブ制作
おぶり

Googleアナリティクスは登録で終わりじゃない!自分のアクセスによるカウントは、除外できてますか?簡単設定を解説します!

サイトやブログを運営している人は、Googleアナリティクスでアクセス解析をしていると思います。

しかし、アナリティクスを登録して終わりではありません!Google Chromeの拡張機能Google Analyticsオプトアウト アドオンを入れるまでが基本的な設定となります。

自分のアクセスをカウントから除外しないと、正確なアクセス解析が出ません。

アナリティクスは、正確なデータをとってこそ本領が発揮されます。自分のアクセスのせいて「閲覧が伸びてる!」なんて勘違いしないように、しっかりと対策をしましょう!

Google Analyticsオプトアウト アドオン

Google Analytics オプトアウト アドオンというGoogle公式のChromeの拡張機能を使います。

Google アナリティクス オプトアウト アドオンとは?

Google アナリティクス オプトアウト アドオンは、Google アナリティクスJavaScriptによるデータの使用をウェブサイトのユーザーが無効にできるように開発された機能です。

この拡張機能を設定するとインターネットのアクセス環境関係なく、設定したブラウザを使えば全てアクセスが除外されます。

設定方法

設定方法はとっても簡単。

Google Analytics オプトアウト アドオンにアクセスし、「Chromeに追加」をクリック。

オプトアウト アドオンを追加するかの選択画面で「拡張機能を追加」をクリックで完了となります。

ブラウザ左上にこのマークがあればしっかり有効になってます。

まとめ

Google アナリティクス オプトアウト アドオンは、設定しているブラウザを使うことで、外出先などIPアドレスが変わった場合でも除外することができます。

おぶり

簡単にできる設定なので、気付いたら早めにやっておきましょう!